©2019 by Mimi Pepper English Coaching Academy. Proudly created with Wix.com

検索
  • mimipepper

「まずは自分を満たしなさい」の真意〜アンパンマンの法則とは〜



「自己実現」


「まずは自分を満たしなさい」


「自分の心の声を聞く」


そんなことばかり書いていると、


「自分自分ってただの自己中じゃないの?」


「自分がどうこうなんて10年早い。私が若い頃は家族のために自分を犠牲にして仕事をしたもんだ。」


「外国かぶれしてるだけ。日本人は自分よりもまず人のために尽くすやさしさを持っている。」


そんなご意見もちらほら耳に入ってきたりして……。




突然ですが、みなさんに質問です。


国民的ヒーローと言っても過言ではない「アンパンマン」は、


果たして自己中心的な人物なのでしょうか。



アンパンマンが自分の顔を困っている人に食べさせる、その場面だけを切り取ると


「究極の自己犠牲」のように見えるかもしれませんが



アンパンマンはアンパンでできている顔が雨に濡れて飛べなくなったり


誰かに顔を分け与えてフラフラになると


まずジャムおじさんの工房へ駆け込んで新しい顔に替えてもらいます




常に新しい焼き立てのアンパンでなかったら


「元気100倍!」とはならないし、


困っている人を助けることさえできないのですから。






さきほど、youtubeでOprah Winfreyの"Self love"(自己愛)についての動画を観ているときにふと思いついたのです。



「そうだ!これはまさに「アンパンマンの法則」だ!!と。



Fill your cup first.


Fill yourself first.


「まずは自分を満たしなさい」


シャンパンタワーの法則と説明されることもありますよね。



自分が持っていないものを他人に分け与えることはできないという


シンプルな真実。






疲れてすり減ってズタボロになってしまったとき、


それでも自分以外のことや人を優先するのって……



この状況をアンパンマンのお話に当てはめたらどうなるでしょうか。


***



困っている人に顔をあげたら空を飛ぶ元気がなくなって、


それでもまた別の困っている人に顔を分け与え


そうこうしているうちに雨が振り


どんどん自分の力はなくなって……誰かが顔を取り替えに来てくれるのを待っていたけど


とうとう最後のビチャビチャの美味しくないアンパンも野良犬に与え


ご臨終となりました。




人気シリーズ化するどころか、一話完結の暗〜いお話になっちゃう!




だってだって、アンパンマンはジャムおじさんの工房の場所も


そこへ行けば新しい顔を手に入れることができて


さらに多くの人々に焼きたての美味しいアンパンを分け与えることができることも


知っていたのにもかかわらず、それをしなかったのです。




困っている人がいるのに、まず自分を満たすなんて自己中心的なことだから。


どんどん鮮度の落ちた美味しくないパンをフラフラになりながら分け与えて


それってもらった方も嬉しいのかな?



「ちょっと待っててね〜!焼き立てのアンパンになって帰ってくるからさ!」と


しっかり自分を充電してから、美味しいパンを分けてもらったほうが


周りの人も幸せじゃない?




だから、「まずは自分を満たそうよ」って私は思う。



向き合うべきは「自分」



深呼吸し、じっくり心の声に耳を傾け、自分を整えてあげることが


ひいては周りの幸せにも繋がるはず。



私自身もそんな時間を持ちたいな〜と作ったコースがこちら⬇


【Becoming 英語×Points of you®×マイ・ストーリー 本当の自分に出会う3ヶ月コース】モニター募集







もしもアンパンマンが、誰よりもまず自分が幸せになることを許可できずにいたら……



Keep your cup full.



あなたは、自分を常に満タンに保ち続ける努力をしていますか?





【Spice up your life with English!】

英語のある人生はオモシロイ!


Mimi Pepper (橋爪 美味)

https://ameblo.jp/mimi-pepper/


Mimi Pepperメルマガ

https://www.reservestock.jp/subscribe/110023


Mimi Pepper子ども英語教室

http://hitomi.pepper.jp/


Mimi Pepper TV

https://youtu.be/tRjXfMqirFM


***






37回の閲覧
英語教室 | Mimi Pepper English Coaching Academy | 日本