検索
  • mimipepper

不幸が伝染する3つの言葉、使っていませんか?

不幸が伝染する3つの言葉、ご存知ですか?


3Dと呼ばれるネガティブワードの正体は!


「でも」「だって」「どうせ」




イメージコンサルタント 一色由美子さん著

『ニューヨーク・ミリオネアの教え 幸せをつかむ人ほど「見た目」にお金を使う』


図書館で見つけたこの本には、


「ふむふむ」「そうよね」と何度も頷いてしまう


日本人の特質や


うまくいく人といかない人の違いがわかりやすく書かれています。



ニューヨークでミリオネアと呼ばれる「成功者」たちのクライアントを


多数抱えていたという一色さん、その説得力もさすが。


***



「もしあなたの人生がついていないとか、つまらないと思うのなら、

3Dワードを使っていないかどうか思い返してください

あるいは3Dワードを使う人とばかり一緒にいるのかもしれません。」


彼女曰く、



「……私は、心にもないことをいう人や口だけ調子がよくて行動が伴わない人、

ちゃんとNOやYESを言えない人は、とても苦手です。

そしてこのネガティブな3Dワードを使う人も極力避けています。



なぜなら3Dワードを使うのは幸せでない人、嫉妬心が強い人、人を受け入れず斜めに見て素直でない人たちばかりだからです。」





思い返してみると、私も「だって」「でも」「どうせ」が口癖の時期がありました。


中学校教諭の職を手放したくても手放せなかった。「だって……」


あんなことしてみたら、こんなことしてみたらとアドバイスをもらっても…「でも」


他者と自分を比べては「どうせ…」



そして、その頃と今の私を取り巻く人間関係は大きく変わりました。





人生において幸せを次々得る人の共通点は……なんだと思いますか?



一色さんが第一に挙げておられるのは「素直さ」


決して人の意見に左右されるとか、小さな子どものように相手の気持ちを考えずに思ったことをポンポン口に出すという意味ではありません。


揺るぎない自分軸をしっかり持ちつつも、相手の意見が素晴らしいと思えば柔軟にそれを取り入れられる人。


そして、


「自分と価値観の違う人を許容できる人」


「相手に褒められたら嬉しそうに「ありがとう」がいえる人」


「無理せず必要な時には人のやさしさに甘えられる人」


「どんな状況でも物事の見方がポジティブな人」




不幸も幸せも伝染するもの。


自分の周りにいる人が、今の自分の状態を示す写し鏡だと聞いたことがあります。



あなたの周りにいる人は、どんな人ですか。


もし自分も3Dを使う癖があることに気づいたら、今すぐやめたほうが賢明かも(^^)



***




今の自分を客観視するための、こんなコースもおすすめです。


いよいよ開講は今週末!


お得なモニター価格での開講は今回のみですので、タイミングの合う方はぜひ


この機会に思い切ってご参加くださいませ(^^)


【Becoming 私がワタシになる3ヶ月コース】モニター募集】


***


無料説明会も随時実施いたしますので、お気軽にご連絡くださいね。


【Spice up your life with English!】

英語のある人生はオモシロイ!


Mimi Pepper (橋爪 美味)

https://ameblo.jp/mimi-pepper/


Mimi Pepperメルマガ

https://www.reservestock.jp/subscribe/110023


Mimi Pepper子ども英語教室

http://hitomi.pepper.jp/


Mimi Pepper TV

https://youtu.be/tRjXfMqirFM


***


0回の閲覧

©2019 by Mimi Pepper English Coaching Academy. Proudly created with Wix.com

英語教室 | Mimi Pepper English Coaching Academy | 日本