検索
  • mimipepper

Mimi Pepper ECA一周年記念イベント『アルケミスト』英語対談 無事終了!

あ、そうだ。

英語でMimi's Book Club課題図書『アルケミスト』をやったらおもしろいんじゃないかなと思いついたのが先月末のこと。


読書会の様子はこちら→


そうだ、春からMimi Pepper ECAで講師を勤めてくれるChrisと

本についての対談をしてみようと思い立ったのがその数日後。


いつやろうかな?獅子座満月の2/9(日)がいいかも?とイベント告知したのが

本当についこの間……!




もともと占星学的にもいい日だから他にイベントも多数開催されたようで

「あ〜〜この日は前から予定入れてたからごめん!」という生徒さんも多く


どうなるかな?と心配していたところ




十数名の方がお集まりくださいました。




日本語訳の『アルケミスト』には載っていなかった地図が英語版にはあったり


日本語版では「イチジクの木」と訳されていた植物が

英語では全く異なる聖なる木だったりと


新しい発見もたくさんありました。




羊飼いという職業がイエスキリストの象徴であるという説、


”Alchemist"という言葉に込められた意味、


登場人物の名前がバビロニアの国の王様のものであること、


羊飼いの少年が辿った道が、ちょうどかつてアトランティスがあったと古代ギリシアの哲学者プラトンが著書で幾度となく触れた場所であることなど


とっても興味深いオモシ話が次々と飛び出しましたよ!




少年が主な登場人物から学んだことは?を順番に整理したり


Chrisが自身の経験を織り交ぜながら「旅」や「人生」について話をしてくれたり


刺激の多いひとときとなりました。




"Alchemist"イコール錬金術師、金属(鉛?)を金に変えることのできる人というイメージが強いですが、


Chris曰く「ふたつのものを組み合わせて新たなものを創造する」という意味も込められているそう。


私Mimi Pepperの解釈は、一見悲劇や不幸の塊のように感じられる出来事も、その人の内側というフィルターを通ることで幸せや学びに変えることができる、ということなのかなと感じました。






主人公の少年は物語の中で幾度となく持っているお金の全てを奪われたりと、所有物を全て失くすという経験をします。

絶望の淵に立つ彼には新たな出会いが待っていて、全て無くしたからこその道が用意されているのです。お金を奪われることなくそのまま順調に人生を歩み続けたらできなかったであろう経験をすることで、彼はより思慮深くなり生活力を身につけ羊飼いをしていたときには発揮することのなかった自分の力を見出します。


そこに安住するのか、安定を手放して夢を追い続けるのか、

現代に生きる私たちが直面するジレンマに少年は強い信念で打ち勝ち

また冒険の旅に出て……。



***


今人生のどの段階にいるのかによって、この本を読んだときの感じ方や解釈は変化するのだと思います。


一番楽なのは現状維持。それは必ずしも悪いことではありません。

でも、「もっと冒険したい」「本当は・・・してみたい」という本心の声を無視して

楽な道を選んでいるのかもしれないと感じる方には


ぜひ一度読んでいただきたい『アルケミスト』です(^^)




立命館大学で英語クラスを担当したときに同僚だったChris.


この春からMimi Pepper ECAで、レギュラークラス生徒さん対象のスペシャルなレッスンを担当してくれる予定です。


お楽しみに!!


レギュラークラス詳細はこちら→


【Spice up your life with English!】


英語のある人生はオモシロイ!


Mimi Pepper (橋爪 美味)

https://ameblo.jp/mimi-pepper/entry-12573864008.html


Mimi Pepperメルマガ

https://www.reservestock.jp/subscribe/110023


Mimi Pepper子ども英語教室

http://hitomi.pepper.jp/


Mimi Pepper TV

https://youtu.be/tRjXfMqirFM


***

40回の閲覧

©2019 by Mimi Pepper English Coaching Academy. Proudly created with Wix.com

英語教室 | Mimi Pepper English Coaching Academy | 日本